2019.01.28-02.08 AUDUSDチャート

2019年1月28日から2月8日まで
2週間分のチャート。

緑色の線が20期間の単純移動平均線
オレンジの線が1つ上の時間軸の
20期間単純移動平均線です。
日足なら週足の20MA
4時間足なら日足の20MAに相当します。

チャート画像が小さかったり画質があまり良くないときは
クリックまたは、タップすると高画質のチャート画像がポップアップします。

2019.01.28 月

A-U-19-01-28

2019.01.29 火

A-U-19-01-29

2019.01.30 水

A-U-19-01-30

2019.01.31 木

A-U-19-01-31

2019.02.01 金

A-U-19-02-01

2019.02.04 月

A-U-19-02-04

2019.02.05 火

A-U-19-02-05

2019.02.06 水

A-U-19-02-06

2019.02.07 木

A-U-19-02-07

2019.02.08 金

A-U-19-02-08

次週 2019.02.11-02.22 AUDUSDチャート へ進む

前週 2019.01.14-01.25 AUDUSDチャート へ戻る

2019年1月28日から2月8日までの戦略

私のトレードルールでは、
2019年1月28日~2月8日の間で
エントリーするポイントが2回ありました。

先週までの戦略で
4時間足でアップトレンドになるを待つ戦略を立てて
1月28日からのチャートを見ていきました。

28日(月)は、1月11日につけた日足での直近高値の手前で
押しが入りました。
直近高値の手前は、買いポジションの決済(利食い)によって
少し押しが入るような動きが見られることがあります。

29日(火)も押されましたが、
日足と4時間足の2本のMAの上で2回支えられています。
MAの上ということもあり、新規以外にも
増し玉でも買いポジションを持つ人の注文が出始めたか?

4時間足レベルの安値が日足と4時間足のMAで2回支えられていますが
2回目の安値(直近の安値)が1回目よりも少しですが高い位置あります。
つまりダウ理論でのアップトレンドの条件である
安値が切り上がったということ。
A-U-2019-01-29_buy
次の日以降に直近の高値を超えるとアップトレンド確定なので
直近の高値を超えたところでエントリーをしたいところです。

気をつけらければいけないのは、売り注文の多そうな場所ですが
週足・日足チャートを見ると1月11日の高値0.7243付近。
0.7243の上は損切り指し値の買い注文が多そうです。

28日(月)に付けた高値は、
週足・日足チャートでは、
4時間足以下でトレードしているトレーダーが
注目しているに過ぎないと思ってよさそう。

今は、MAも日足・4時間足ともに上に向き始めているし
日足以上でトレードしている人の
日足の水平線やMAにサポートされての買い増しの波の方が
優勢にあるようにみえます。

仮に、4時間足の直近高値0.7175の上で買うとすると
ストップ直近安値0.7137の下になり(約-40pips)
目標が1月11日の高値0.7243付近(約+68pips)
リスクリワードもパッと見ても1:1以上はありそう。

なので、
直近の高値を超えたところでエントリーはしても良さそうです。

そして30日(水)
4時間足で高値も切り上がり、
アップトレンドが確定したろころで買いエントリーとなります。

この買いポジションは本来であれば、
4時間足で終値がMAの下で確定したとろこで決済なんですが

2月4日、日足の高値の山とストキャスがダイバージェンスしているので
4時間足でダウ理論でダウントレンドになったところでドテン。
買いポジションを決済して、売りポジションになります。
A-U-2019-02-04_sell
この売りポジションはの決済は、来週以降。

来週以降の戦略

売りポジションは、4時間足でアップトレンドになるか
終値がMAを上に抜けたら決済。
A-U-2019-02-08_sell
週足は安値が切り下がり、高値も切り下がりとみて良さそうで
ダウントレンド中。

日足は直近安値を下に抜けたので、アップトレンドは終了と判断します。
レートMAの下にあるので、戻り売りのタイミングを待ちます。

次週 2019.02.11-02.22 AUDUSDチャート へ進む

前週 2019.01.14-01.25 AUDUSDチャート へ戻る


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング